施術事例

事例1  肩こり

症状 31歳女性(主婦)の症例です。肩が左だけ凝ってしょうがない。自分で揉んでもマッサージに行ってもその時だけ良くて5分後にはもう辛くなっている、という愁訴でした。検査すると胸椎4番と12番、腰椎5番が左に歪み、滑肉門(腹部の経穴)に硬結がみられました。こういった歪みはよくあるケースです。
治療内容 施術は約40分間、十二種体型・骨格均整術・筋肉操縦術・経絡反射術などを行い、その後に日常生活での注意をお伝えして全行程を終了しました。
結果 ご本人曰くスッキリ軽くなられたそうです。
このように頑固な肩こりは肩以外の場所に原因がある事が多いのです。肩の筋肉を直接揉んでほぐしては逆に悪化する事があるので気をつけなければいけません。体の中心部である脊柱(特に腰)の歪みや腹部の冷えなどを丁寧に治していった方が根本治癒に繋がるのです。

事例2  生理痛

症状 当院の場合、「生理痛でツラいんですっ!」と来院される方は少ないのですが、腰痛や肩こりで来られる女性の大半が生理痛や生理不順といった月経困難症をお持ちです。
そしてそのほとんどの方が「生理の時は痛くて当たり前」と思われているようです。しかし本来「生理痛が無い体」が健康体であり、少しでも月経時に痛みを伴う体にはどこか異常箇所があるのです。
「私の場合、生理痛は軽い方だから大丈夫」という方もいらっしゃいますが、それは間違いです。
先日来院された28歳の女性も来院の理由は肩こりでしたが、生理痛も毎回かなりひどくて市販の内服薬を飲んでしまうとの事でした。
生理痛の原因は大きく分けると2つ。子宮内膜症や筋腫などの病気がある場合(器質性月経困難症)と特に病気のない場合(機能性月経困難症)がありますが、この方の場合、後者でした。
検査してみると首や肩の筋肉が張っているのではなく腰椎4番を中心に腰が歪んで下腹部に汚血が溜まり、更に胸椎12番と4番が歪む事によって肩や首のしつこい違和感となっているようでした。
治療内容 その歪みを重点的に全身を骨格・筋肉・経絡といろいろな面から施術したところ、肩や首の方はかなり違和感が抜けたそうです。
結果 あとは4~5日後に再度施術を受けて戴き、そのペースで7~8回繰り返せば“歪みにくい体”になり、当院の推奨する生活改善を併せて実践して戴ければ生理痛や生理不順も改善されていくのです。“痛み”を抑えるだけの薬では生理痛は治りません。
体を根本から治していかないといけないのです。

事例3  O脚

症状 「O脚を治したい」と来院された会社員の女性(27歳)の症例です。
検査をすると腰椎5番、胸椎6、12番が右に変位し、腹部も非常に固い状態で、問診によると冷え症、月経痛にも悩まされているとの事でした。
治療内容 エステのO脚矯正で両脚を膝の所で縛っている写真などを見かける事もありますが、物理的に脚だけを矯正してもその場限りですぐに戻ってしまいます。
均整術の見方ではO脚には骨盤はもちろん腹部を中心として体全体の状態が影響していると考えます。施術も骨盤調整、腹部の経絡反射術、脊柱の矯正などに均整の基本である十二種体型調整を施し、初回の施術後に七割くらいの改善が見られ、その後も週1回の施術数回で症状は改善されました。
結果 骨盤内を重点的に施術した結果、冷え症や月経痛も改善されたようです。
imageページ先頭へ戻る