各症状の説明

生理痛(月経痛)

現代医学の発展は日進月歩にもかかわらず、生理適齢期の女性を悩む生理前後の多くの諸症状は依然として解決されないままです。その中でも深刻で悩ましい症状の一つに生理痛(月経痛)が挙げられるでしょう。生理痛は女性の生活や社会活動に影響を与えるだけではなく、これを放置すると不妊症等の原因となる場合があります。平成2年厚生省主催の研究会の調査によりますと、生理期間における不快症状は、生理前では腹痛(45.5%)、腰痛(31.6%)がみられます。また、生理中では腹痛(67.3%)、腰痛(46.3%)が多くなっています。 生理痛について、非常に苦痛という者が22.6%と多く、一方、生理痛のない者はわずか11.8%となっています。
生理痛とは、生理期間及びその前後に起こる腹痛、腰痛や頭痛などの痛みのことをいいます。市販の薬を飲まなくても我慢できる程度のものから、処方された鎮痛剤を飲んでも痛みが収まらず、じっとしていられないほど痛むものまで、個人差が随分あります。また、吐き気、全身の倦怠感、乳房緊満感、いらいら、うつなどの付随症状を伴ったり、症状が重く、何らかの治療が必要とされる場合は、月経困難症として捉えられます。

解釈・施術

生理痛は世の中が進化し便利になるとともに増えてきた症状の一つです。大正生まれのお婆ちゃんたちに聞くと口々に「生理痛なんて昔はクラスに一人いるか居ないか、そんなものだった」と言います。
時代とともに増えてきたと言う事は、子宮筋腫や卵巣嚢種など病的要素による器質性月経困難症も、病的要素がない機能性月経困難症も、生活習慣の急激な変化に人体がついていってない事が大きな原因になっているのではないでしょうか。日々の食事や睡眠など生活習慣をないがしろにして鎮痛剤に頼っていては治るものも治らなくなってしまいます。
まず生活習慣の改善。そして次に腰を中心とした脊柱を整え、骨盤内臓器の停滞した氣の流れを正してあげる事でほとんどの場合、痛みが消えます。
もちろん1回や2回の施術をするだけで一生大丈夫という訳にはいきませんが、生活習慣の改善と週に一度の均整術で根本治癒が期待できます。
imageページ先頭へ戻る