各症状の説明

更年期障害

閉経の前後に相当する45~55歳頃の約10年間に現れる身体の不快な症状を更年期障害といいます。更年期を迎えると、卵巣機能が衰退し女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの量が徐々に低下していきます。更年期障害とは、このホルモンの量の変化に身体が慣れるまでの間に、様々な不快な症状が出ることをいい、熱感(ほてり・のぼせ)、発汗、不眠、頭痛、うつ症状などがあります。

解釈

閉経の時期はホルモンのバランスが変わり身体が変わる時期です。更年期障害でお悩みの方はたいてい骨盤を中心とした脊柱が歪み、下腹部が冷えて血行不良になっています。

施術

当院では体型調整や骨格均整・経絡反射などでこれらの歪みを正し、内臓賦活で働きの鈍った内臓を鼓舞していきます。
imageページ先頭へ戻る