各症状の説明

寝違い

蒸し暑い季節に多くなる病状に『寝違い』があります。暑いと無意識のうちに布団を跳ね除け何回も右に左に寝返りをうっています。筋肉が柔らかい子供のうちは平気ですが、運動不足の中高年になってくると普段から筋肉が硬くなっており、急激な運動して翌日に筋肉痛になるのと同じで、寝違いは寝返りをうち無理な体勢になることで普段使用していない部位の筋肉へ負担が掛かり急性炎症を引き起こした状態です。
ひどい場合には激痛を伴い、首を動かすことが出来ないほど日常生活に支障を来たすこともあります。

解釈・施術

左を向いて首の右側が痛む場合は筋肉の痛みですので、揉めば治ります。当院の施術でも回復しますが、プロじゃない人のマッサージでも回復します。一方、左を向いて首の左側が痛む場合は内臓の疲労から来ている痛みですので、揉んだり叩いたり何かを塗ったりしても良くなりません。脊柱や骨盤を整え、内臓の賦活調整をしていくことで改善されます。
imageページ先頭へ戻る