各症状の説明

しびれ

神経の障害が原因で起こるしびれの診断には、体のどの場所がしびれるかが重要なポイントになります。脳から手足の先まで神経は走行がはっきりしているため、障害される部位によってしびれの場所が異なってきます。逆にしびれの場所を調べることによって、神経の障害部位をかなり正確に明らかにできます。
脳や特定の神経はからだ半分だけを支配しています。このためしびれや痛みは左右差があるのがふつうで、これは血管性のしびれや痛みでも同様です。全身に不規則にしびれが起こったときや左右対称にしびれや痛みが起こってきたときは、神経系の特定の場所よりも広範囲の障害が考えられやすく、内科的な病気(たとえば糖尿病)、または神経内科的な病気-変性・炎症性・代謝性疾患など が考慮されます。このような場合には、診断が困難で専門医の診察が必要になります。

解釈・施術

西洋医学ではいろいろなタイプのしびれに分類され、またしびれる部位で考え方や対処が変わりますが、均整術では基本的に"しびれ=冷え"と考えます。実際にしびれを訴えて来院される患者さんは自覚のあるなしにかかわらず冷えが強く出ている場合がほとんどです。
施術は氣血が滞って"冷え"ている臓器やゆがんだ脊柱・骨盤をメインに調整していきます。1回目の施術でしびれが消える例も珍しくありませんが、同時に身体が冷えてしまうような生活習慣は改めなくてはいけません。
imageページ先頭へ戻る