各症状の説明

だるさ

だるさの原因は大きく三つに分かれるようです。その一つ目は原因がはっきりしているケースで、久しぶりに動き回ったとか、仕事や勉強で頑張りすぎたときなど、休めば疲れが取れるケースです。
だるさを感じるとやる気が出なくなりますが、逆に言うと、これ以上やる気が出ないようにするために、疲労感という感覚(自覚症状)がある、とも言えそうです。第一のケースでは、だるさを感じさせ、やる気が出ないようにすることで休息を取るように誘導し、疲労回復につなげる、というシステムが体の中で働いている、というわけです。
だるさの原因の二番目は、休んでもだるさがとれず、しかも隠れた病気や体質が原因となっているケースです。そのなかには、貧血(血液中のヘモグロビンが減少し酸素が十分に運べない)、低血圧(血圧が低いため体中に十分に血液が回らない)、肺結核(空気を十分に取り込むことができない)、肝臓病(疲労物質を身体の外に排出できない)、糖尿病、慢性の腎臓病(疲労物質を身体の外に排出できない)、内分泌疾患(甲状腺)、栄養不足、脱水・消耗状態、癌などが含まれているとされています。
第二のケースでは、病院に行って、「休んでも疲れが取れずだるいんですが・・・」と症状を訴えると、上のような病気や体質が原因ではないか検査をしてくれるようです。
第三のケースは原因が精神的もしくはよく分からないケースです。このなかには、うつ病(気分障害)、身体表現性障害(葛藤・ストレスなどが原因で身体のいろいろなところに症状が出る)、気分変調症、慢性疲労症候群(はげしい原因不明のだるさが六ヶ月以上続く)などが含まれるとされています。
病院に行っても、どこも悪くない、と診断されることが多いケースです。貧血でも低血圧でもなく、他の病気でもない。うつ病というほどのものでもない。どこも悪くないのにだるいときは、どうしたらよいのか、悩んでしまいますよね。

解釈・施術

東洋医学では"腎"が"やる気・根気・元気の源"とされています。夜型の生活、ぜいたく食の過食、エアコンによる冷えなどで現代人は腎に負担のかかる生活を強いられている人が多いようです。当院ではこの腎を徹底的に施術して臓器自体の元気を回復させていきます。
imageページ先頭へ戻る