各症状の説明

腰椎椎間板ヘルニア

『椎間板ヘルニア』とは背骨の骨と骨(椎体と椎体)の間にあるクッション的な役割をする椎間板が何らかの理由ではみ出てしまい、それが神経などを圧迫する事により激しい痛みや痺れなどの症状を引き起こします。「ヘルニア」とは「はみ出す」という意味で、それが腰椎椎間板で起これば『腰椎椎間板ヘルニア』となるわけです。膀胱直腸障害(排尿・排便困難)や高度の下肢の麻痺など重症の場合は医師より手術が勧められる事もあります。原因として椎間板や骨の老化、姿勢の悪さなどが挙げられていますが、どれも眉唾物です。

解釈・施術

腰部や骨盤の歪みを正さずして椎間板のはみ出た部分を手術で切り取っても良い結果は得られないでしょう。当院では歪んだ腰椎や骨盤はもちろん、代謝の悪くなった部位を全身に渡って施術し氣の流れを回復させていきます。本来ほとんどの椎間板ヘルニアは切らずに良くなるものなのです。根本治癒を目指すには、生活習慣を根本から見直す事も大事です。
imageページ先頭へ戻る