各症状の説明

眼精疲労

----

解釈・施術

目を酷使する機会の多い現代人ですが、当然、内臓の状態も影響してきます。古くから東洋医学では"目は肝"と言い、肝臓の状態が悪ければ目が疲れやすく、また目を酷使すると肝臓が疲れると言われるくらい目と肝は関係が深いのです。当院では目の周りの経絡(ツボ)はもちろん、目に関係が深いと言われている肝臓の調整、それに脊柱と骨盤内臓器の賦活を併せて行います。また内臓を疲れさせるような食餌や夜更かしは避けるべきです。
imageページ先頭へ戻る