各症状の説明

膝(ひざ)の痛みや水たまり

膝関節を悪くされている方は年々増え続けています。関節内の軟骨がすり減る事で起き、痛み、腫脹(はれ)、可動域制限(伸びない、曲がらない)、などの症状が見られます。加齢や使いすぎ・肥満が原因等とも言われ女性に多い症状です。

解釈・施術

当院では膝の痛み、変形性膝関節症、鵞足炎(がそくえん)など膝に関する痛み・違和感は全て腰につながるものとして考えています。実際に膝の悪い方は(自覚のあるなしは別として)腰や骨盤(もしくは骨盤内)に歪みがあり、それを施術していくと経過良好を得られます。
最初の段階(痛みや腫れが起きた時点)でいきなり整形外科的な薬を塗ったり注射で水を抜いたりせず、東洋医学的な『身体の中から治す』方に目を向けていただればほとんどの方が治癒の方向に向かいます。しかし、もし溜まった水を注射で抜いたとしても腰と骨盤を徹底的に施術していけば快方に向かいます。
imageページ先頭へ戻る