各症状の説明

冷え性

「冷え性」とは『抹消血管(いわゆる毛細血管)の血管障害のこと』をさします。人間は、寒いと感じると、体表の毛細血管を収縮させて体温が逃げないように調節します。「冷え性」の方は、その血管がいつまでも収縮した状態がつづき、周囲が温かくなってもなかなか血管がひろがらない、回復するのに時間がかかるといった状態。西洋医学では、手足が冷たく、腹痛や下痢、生理通、低血圧などの症状があっても、「冷え症」という病気だとはなかなか診断されません。多くの場合は自律神経失調として、精神安定剤を処方されたり、痛みや下痢などの症状を緩和する治療や投薬がされます。つまり冷え症の根本を直すのではなく、症状を止めることを目指すのです。

解釈

冷え性は身体の歪み、運動不足、冷える飲食物の摂りすぎなどいろいろな原因が考えられます。

施術

当院では体型調整や骨格均整・経絡反射などでこれらの歪みを正し、内臓賦活で働きの鈍った内臓を鼓舞していきます。
imageページ先頭へ戻る