各症状の説明

自律神経失調症

自律神経失調症は病名ではなく症状名で、ストレスや不規則な生活習慣等により自律神経のバランスが乱れ、その結果、様々な身体の不調が起こり、病院等で検査をしても異常が見つからないものを言います。しかし、「検査をしても異常がないのだからとりあえず自律神経失調症としておこう」とする医師の考えや、「とにかく病名をつけてもらわないと気がすまない」と考える患者にとっても都合がつくため、とりあえず自律神経失調症と診断されることもあるようです。自律神経失調症の定義については多くの考え方や意見があり、いまだそれを取り巻く環境はきちんと整備されていないのが現状のようです。実際身体に現れる症状は不眠・冷え性・疲れ目・腰痛・胃弱・便秘・下痢・頭痛・耳鳴り・低血圧などなど十人十色です。

解釈

自律神経のバランスを崩す原因のほとんどが日々積み重ねている生活習慣にあるといえます。

施術

当院では腰椎だけでなく、全身の歪み・氣の停滞を治していきます。主に十二種体型調整を軸に内臓賦活や経絡反射などの方法で骨盤内臓器の滞りを無くし、痛みを根本から解消させます。また再発を防ぐために食習慣を中心とした生活習慣の改善をお勧めしています。
imageページ先頭へ戻る