各症状の説明

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは臀部から大腿後面にかけて鋭い痛みを自覚する"症状"であり"病名"ではありません。整形外科外来で坐骨神経痛を訴える患者さんは、主に腰椎疾患の症状として、腰痛の次に多く見られますが、その原因となる疾患は様々です。坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症すると言えます。
年齢により異なりますが、若い人の場合最も多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群が挙げられます。一方、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られ、また帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もあります。その他、年齢に関係なく特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられます。こういった腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く、保存的治療で治りにくいのが特徴です。

解釈・施術

坐骨神経そのものや神経添いに痛みや痺れが出ますが、悪いのは坐骨神経ではありません。当院の症例では骨盤内臓器の滞りが原因の方がほとんどで、骨盤を中心とした背骨の調整と内臓の冷えとりで大抵の方は改善されます。もちろん、再発を防ぐために食習慣を中心とした生活習慣の改善は必ずお勧めしています。
imageページ先頭へ戻る