各症状の説明

ギックリ腰

ギックリ腰は症状名であり病名ではありません。その原因には 、(1)腰部の筋肉の部分的な断裂、(2)椎間関節のズレ、という2つが考えられ、ドイツでは「魔女の一突き」と言われるようです。体験した人にしか解りませんが、この痛みはまさに"激痛"。その場でうずくまってしまい寝返りも出来ない状態になります。困ったことは1回すると同じところで障害がおきて何回も繰り返すことです。そして、椎間板ヘルニアに移行していくというパターンが多いのですが、 その原因は(西洋医学では)未だに不明ですが、概しておこす数日前から腰に負担がかかっていたとか急激に中腰で物を持ち上げたためというのが多いです。  治療は鎮痛剤、湿布、コルセット、ひどい時はブロック注射などをして安静を保つことが一般的ですがこれですぐに痛みが治まればいいのですが半分以上は数日間痛みのため何もできず会社にも行けないのが現状です。

解釈

ギックリ腰は重い物を持ったりクシャミをした瞬間になる事が多く、それらが原因と思われているようですが、実はそれらは単なるキッカケであり、原因は歪んだ脊柱や骨盤、また内臓を含めた骨盤内臓器の血行不良・氣の停滞などで、さらに運動不足や睡眠不足も影響してきます。

施術

当院では腰椎だけでなく、全身の歪み・氣の停滞を治していきます。主に十二種体型調整を軸に内臓賦活や経絡反射などの方法で骨盤内臓器の滞りを無くし、痛みを根本から解消させます。また再発を防ぐために食習慣を中心とした生活習慣の改善をお勧めしています。
imageページ先頭へ戻る