各症状の説明

腰痛

腰痛はさまざまな原因で起こりますが、内臓の病気で起こるものと、背骨に原因があって起こるものに、大きく分けることができます。腰痛の原因となる内臓の病気には、腎臓結石や尿管結石、婦人科の病気、大動脈瘤、悪性腫瘍などがあります。 また、腰痛をともなう背骨の病気には、椎間板ヘルニアや骨粗鬆症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などがあります。このように、原因がはっきりしていればいいのですが、背骨が原因で起こる腰痛の場合、自分では思いあたる節がなく、(西洋医学的な)検査をしても、はっきりとした原因がすぐにはわからないことがあります。 

解釈

腰痛は骨盤・脊柱の歪み、それに下腹部の氣が停滞することでおきると考えられます。

施術

当院では十二種体型調整を軸に内臓賦活や経絡反射などの方法で骨盤内臓器の滞りを無くし、痛みを根本から解消させます。また再発を防ぐために主に食習慣の改善を軸とした生活習慣の改善をお勧めしています。
imageページ先頭へ戻る