各症状の説明

四十肩・五十肩

正式には何歳で発症しても「五十肩」と言います。40歳、或いは50歳を過ぎた頃に肩の痛みが発生すると、五十肩(四十肩)と診断される事が多いのですが、五十肩と呼ばれる肩の損傷の症状は様々で、一概に同じ損傷と判断することは出来ません。肩関節周囲炎や癒着性関節包炎などが五十肩に相当する名称ですが、実際には、腱板の裂傷、上腕二頭筋長頭腱炎などの筋肉・筋膜の損傷及び炎症が五十肩として言われています。五十肩は、急性期には何もしなくても痛みがでます。やがて徐々に動かす時だけ痛むこととなります。特に髪を整えたり、着がえの動作など、手を前方に上げたり、側方に上げたり、回したりする事が制限されます。夜間や明け方に痛むことが多く、眠れなくなることがあります。 老化による肩関節周囲の炎症が原因となることも多い。日頃肩をあまり使わない人に多いとも言われますが、その原因は以下の通りです。肩関節は筋・靭帯によって支えられていますが、いつも上腕をぶら下げている状態が続き、筋肉が加齢とともに短縮となり、さらに腕をあげる時に挟まれて圧迫され、しだいに薄くなります。そのうえ血液の循環も悪くなっていくので筋肉の部分がもろくなり、炎症が起こり易くなってしまうと考えられています。

施術

タナカ均整院では骨盤と脊柱、特に胸椎の歪みを徹底的に調整し、内臓の疲れをとる調整を行っていきます。さらに食習慣の改善が指導通りにしていただければ、ほとんどの方がよくなります。
imageページ先頭へ戻る