院長のひとりごと

脚ムズムズ症候群のお話

脚がムズムズしての話
この数年、若い女性を中心に脚がムズムズして眠れないなどの症状で悩んでいる方が増えているようです。当院でも最近よく相談を受ける症状の一つですが、たいていの方はまず内科、整形外科、心療内科などで受診され効果が得られず、脚の症状だから足裏マッサージを受けるとか、鉄分不足などと言われサプリメントを摂取する方もいらっしゃるようです。どなたも結構苦戦されているようですが、当院ではまず食べ物を変えることをお勧めします。砂糖や動物性食品を一旦やめ、食べ物を和食&少食に変えるだけで症状が緩和する方が多く、その上で均整術(身体均整法)を受けて頂ければ根本治癒になります。食べ物を変えて血の濁りをなくし、整体で氣と血の滞りを取れば、カラダが中からキレイになるのです。  
和食&少食のポイントは玄米ゴハンを一口100回くらいしっかりと良く噛んで食べると言うこと。
味噌汁にはワカメなどの海藻が理想です。
おかずは漬物とか梅干し、佃煮の類で充分です。少食のポイントは一日2食にすること。1食でも大丈夫。
大人になったら3食は食べ過ぎなのです。
私は朝食抜きをお勧めしています。朝食を抜いてフラつく人は普段カロリーを摂りすぎなので、高カロリー食をなくしていけば、朝食を抜いただけでフラつくことはなくなります。少食で内臓を休ませ、和食で血が濁らないようにすると、それだけでカラダが楽になる人もいるくらいです。その上で施術を受けて頂ければ、脚がむずむずするという不快な症状は消えていきます。
imageページ先頭へ戻る