院長のひとりごと

腰痛

(1)一般の医学(整形外科)では
腰痛のほとんどは、運動不足、ストレス、慢性疲労、悪い姿勢、肥満、弱い筋肉などによって起こる、いわゆる「腰痛症」と言われるものです。腰痛症は、ひと言でいえば原因不明の症状で、腰の骨から来るものではありません。X写真を見ても異常がなく、内臓などほかの要因もないのに腰が痛むというものです。中腰の姿勢で仕事をする人や、長時間すわり仕事をする人などに多く、筋肉の疲労が積み重なって起こると考えられています。しかも、背骨の筋肉が緊張するような姿勢を長時間とりつづけると筋肉がかたくこわばり、鬱血して痛みを起こすのです。主な症状としては慢性的なものは腰が重い、だるいなどがあげられます。腰が冷えたときも痛みが増します。

(2)均整術、鍼灸など東洋医学の施術
腰痛は大きく分けて骨格や筋肉からくるものと、内臓からくるものの2つに分けられます。前者の場合、偏った動きや重心のアンバランス、運動不足などからなる事が多いのですがこれは東洋医学(手当て+食改善)でよくなります。後者も病院の検査に現れない、病気にまで達していない内臓の疲労が原因であれば東洋医学で充分によくなっていきます。具体的には体の表面にあるツボ(経絡穴)を刺激し、体の奥深くに刺激を送り込むのです。

表面的な筋肉を揉みほぐしてもその時だけの快感で終わってしまいます。体を根本から治すには内臓は無視できないのです。内臓の疲労が取れ、悪血が解消されれば代謝を促され間接的に体の歪みを整え痛みが消えていくのです。それが当院の目指す根本治療なのです。
imageページ先頭へ戻る