院長のひとりごと

遺伝のせいにしちゃイケナイ

遺伝?の話
「うちは糖尿の家系で...」とか、「遺伝的にガン系統が多くて....」などと言う話をよく耳にします。確かに、親が糖尿なら子も糖尿、親が癌なら子も癌といったように親子の病気は似ることが多く、そんな話はよく聞きますね。しかしこれは実際には遺伝と言うよりも後天的な生活習慣が親子で似てしまう事の方が問題なのです。ほとんどの方が親と長い期間生活を共にするので、食習慣をはじめとした生活習慣が似てしまうのです。
親が甘党なら子も甘党、親が飲んべえなら子も飲んべえといった具合です。遺伝・先天的な原因ではなく生活習慣・後天的な原因が9割以上という
説もあるくらいです。と言うことは逆に考えれば、今まで遺伝だからと諦めかけていた体の不具合も生活習慣を正すことで、改善する可能性は大と言えますね。とはいえ、空気の濁ったストレスの多い都会で生活していると、生活習慣の改善だけで体がみるみる良くなる訳ではありません。そんな時は体の外側から刺激を入れて内側の働きを促す"整体"を受けて欲しいのです。揉むだけや癒すだけでは改善になりません。ピンポイントで「効くぅぅぅ~」といった刺激。コレです。
imageページ先頭へ戻る